三島由紀夫文学館だより

「こころで聴く三島由紀夫U」

平成25年7月6日(土)
場所 : 山中湖村公民館 主催 : 三島由紀夫文学館・山中湖村教育委員会

制作 :J - Theater


《レクチャー&演劇ワークショップ

講師 :篠本賢一(日本演出者協会理事)


平成25年7月6日 こころで聴く三島由紀夫U レクチャー&演劇ワークショップの様子  平成25年7月6日 こころで聴く三島由紀夫U レクチャー&演劇ワークショップの様子

 

 

《詩・短編》 朗 読
三島由紀夫が6歳〜12歳の間に書いた詩 と 三島由紀夫作・短篇「伝説」を朗読

出演 :好村俊子栗山寿恵子松本紗奈美、小林拓生

平成25年7月6日 こころで聴く三島由紀夫U 詩の朗読の様子  平成25年7月6日 こころで聴く三島由紀夫U 短篇「伝説」朗読の様子
写真左:(左より)好村俊子、小林拓生、松本紗奈美
写真右:栗山寿恵子



リーディング 「班 女 」


演出 :小林拓生(日本演出者協会国際部)

出演 :老嬢 実子 / 神保麻奈 、 狂女 花子/ 竹田りさ 、 青年 吉雄/ 小林拓生

平成25年7月6日 こころで聴く三島由紀夫U リーディング「班女」の様子  平成25年7月6日 こころで聴く三島由紀夫U リーディング「班女」の様子
左より  小林拓生、竹田りさ、神保麻奈


ひとりの男性を待ち続け、精神が破綻してしまった花子。
その花子と共に暮らす一人の女性。
・・・激しい愛情 それぞれの思惑が交差する・・・

 

  平成25年7月6日 こころで聴く三島由紀夫U カーテンコール
左より栗山寿恵子、小林拓生、竹田りさ、神保麻奈、松本紗奈美、好村俊子


平成25年7月6日(土)の「こころで聴く三島由紀夫U」は、
レクチャー&演劇ワークショップと、詩と短篇の朗読、リーディング「班女」が上演されました。

午前10時より始まった、レクチャー&演劇ワークショップでは、
篠本賢一氏を講師に迎え、能(謡曲)と三島由紀夫の「近代能楽集」を比較し、
能の実演を交えながら、参加者の皆様に体験していただきました。

午後2時からは、小林拓生氏の演出で、詩と短篇の朗読、リーディング「班女」が上演されました。
最初に、三島由紀夫が6歳〜12歳の間に書いた詩 (「城」、「ウンドウクヮイ」など)と、短篇「伝説」の朗読、
続いて、リーディング「班女」が上演され、
約1時間の中で、三島由紀夫作品の潜在的な可能性が表現されました。


→平成25年7月7日(日)の「こころで聴く三島由紀夫U」の様子はこちら
→平成24年度の 「こころで聴く三島由紀夫」の様子はこちら


※ 掲載されている写真の無断使用、無断転載を固く禁じます